JanneDa Arcの解散理由はka-yuの集団訴訟で裁判?

Janne Da Arcが2019年4月1日に解散しましたが
その理由の一つとしてJanne Da Arcでベーシストを担当していた
ka-yuが集団訴訟されたからでは?と言われています。

何故ka-yuが集団訴訟されたのか?
また何故脱退するまでに至ったのか?

その理由を紐解いていきます。

スポンサーリンク

ka-yuは弁護士から内容証明が送られていた?

2018年9月に弁護士からka-yu宛に内容証明が送られたと発表されていましたが一体どういうことなのでしょうか?

「ka-yu(カーユ)に弁護士から内容証明が送られてきて、そこに書かれていたことが事実なら、社会正義に著しく反する」

とあります。

元々ka-yuの問題は以前から噂されており、

ka-yuと関係を持った女性が、ka-yuから金銭を要求されたとのことで
金銭を渡すうちに続かなくなったことを訴えると
「動画をばら撒く」と脅しを受け、夜のお店で働いて金銭を渡し続けた

というものだそうです。

また脅しの際に反社会勢力を呼ぶ素振りも見せたようで
そのような内容証明が送られてきたということになります。

また「集団訴訟」とあることから被害者は一人では無かったのかもしれません。
ka-yu自身の発表は無いため、確定ではありませんが
事実であるならば何故このようなことをしたのでしょうか?

反社会勢力と繋がりを持ったことで
お金に困るようになった可能性もありますよね。

また今回のJanne Da Arcの解散の際に
ka-yuからのコメントとして

Janne Da Arcは大切だし、比較するものではないかもしれないが、どちらかを選べと言われればJanne Da Arcよりも大事にしたいものが見つかったため、Janne Da Arcを脱退し事務所を辞めます

と事務所から発表されています。

Janne Da Arcより大事にしたいものとは何でしょうか?

以前からka-yuはバイクの団体に入っており
アメリカの国際バイカー「Hells Angels(ヘルズエンジェルズ)」に所属しているそうです。

スポンサーリンク

ヘルズエンジェルズが「Janne Da Arcより大事なもの」?

国際的バイカーとはいえ、アメリカではギャング集団というイメージもあるそうで
暴走族というよりヤクザみたいなものというイメージがあるようです。

引用:diary.ponkichi01.com

ka-yu自身もチームに入っていることは認めているそうで
ともすれば、前述したように「恐喝による裁判」とも繋がるような気はします。

これがJanne Da Arcより大事にしたいものだったのでしょうか?
バンドも仕事ですから、趣味と両立すれば良いのでは?とも思いますし
バイク活動を続けたいからJanne Da Arcを辞める…というのは
ちょっと理由として腑に落ちないところがあります。

多分にですが、

Janne Da Arcを脱退した理由は警察沙汰になることが確定しているからであり、
同時期に脱退理由として「Janne Da Arcより大事なものがある」と発表しているのは建前なのではないでしょうか?
そのほうが世間のJanne Da Arcへの悪いイメージを回避できたからではないか?

と僕自身は考えています。

スポンサーリンク

Janne Da Arc解散後、他のメンバーたちはどうしていくのか?

yasu、you、kiyo、shujiら4人は今後どうしていくのかというと
音楽活動は続けていかれるそうです。
yasuさんはソロ活動を元々されていましたが現在は療養中ですね。

それぞれのTwitterアカウントの動きはというと
youさんが「yasuが一番Janne Da Arcのことを考えていた」と
発言しています。

元々「yasuのソロ活動によりJanne Da Arcが解散したのでは?」という一部のファンの誤解があったようですね。

一方でkiyoさんとshujiさんは発言がありませんでしたが、youさんが指し止めしているようです。

またこう続けています。

僕が今こうして伝えようとしているのは、ずっと矢面に立ってたyasuだからこそ言葉にできないこともあるだろうし、本当に今は心から休んでもらいたいし、こういう時だからこそ僕が矢面に立つ番じゃないかなと思ったからです。

現状はyouさんが4人の気持ちを代弁していく方向ですね。

Janne Da Arc自体は解散してしまいとても残念な半面、
4人が音楽活動を続けられるという部分では安心もあります。

残った4人の今後の活動に注目したいところです!

スポンサーリンク

ka-yuの現在の動きは?

渦中のka-yu自身はというと
裁判中の可能性が高いですね。

事務所の発表では

そこに記載されている事柄が、もしも全て事実であるなら、社会的正義から著しく反する行為であるゆえ、弊社としましては、事実関係が曖昧なままの状態で、ka-yuに関するプロジェクトを遂行していくことは差し控えるべきである、という判断をさせて頂きました。

内容証明の詳細は今後裁判で係争していく可能性がある為、公表を控えさせていただくことをご理解賜りますと幸いです。

私共も当初は、速やかに裁判に移行し、司法の判断のもと、早急に事実関係が明らかになると考えておりました。

しかし、結論が出るまでには想定よりも長く時間がかかりそうであること。
また、争点となる事実関係の有無に関わらず、争いに至るまでのka-yuの行為にもいささかモラルに反する部分が見受けられたこと。

とありますから、おそらく長期にわたる裁判になることが推察されます。

また本人のTwitter公式アカウントでは
4月1日を境にツイートが途絶えています。

何かしらの進展があるまでは
音沙汰がないと考えて良いでしょう。

気になるので1日でも早く裁判が終わって
何らかの発表が出るのを待つしかないですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。



ページ上部へ戻る