桂歌丸の病名や症状は?入院していた病院はどこ?

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&ved=2ahUKEwjD1NqH7IDcAhWEi7wKHWYECxkQjB16BAgBEAQ&url=http%3A%2F%2Fakogare.me%2Fkandou%2F20615&psig=AOvVaw0o5lQbysZjwFt3st7PG0HS&ust=1530635528039648

7月2日に桂歌丸さんが亡くなりました。

笑点の司会でおなじみでしたが
昨今は体調を崩されており、度々病院へ入院されていたそうです。
2018年7月2日に81歳でこの世を去りました。

どういう病気だったのでしょうか?
桂歌丸さんの症状や病院が気になったので調べてみました。
まずはプロフィールから見ていきましょう。

桂歌丸のプロフィール

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjWu8-X7oDcAhWGVLwKHeF0D6wQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fmatome.naver.jp%2Fodai%2F2142459455649168901%2F2142460622760916003&psig=AOvVaw1OKrOi-s3IenSQSX-Tq457&ust=1530636126288776

引用:Naverまとめ

本名 椎名巌(しいないわお)
生年月日 1936年8月14日
出身 神奈川県横浜市
血液型 A型
師匠 5代目古今亭今輔
4代目桂米丸
名跡 古今亭今児(1951年 – 1961年)
桂米坊(1961年 – 1964年)
桂歌丸(1964年 – 2018年)

1951年、歌丸さんが15歳の頃に
5代目古今亭今輔に入門して
前座名「古今亭今児」の名前で落語を開始しています。

1961年に兄弟子の桂米丸門下に移動し、
桂米坊として落語を再出発。

1964年には桂歌丸と改名をし、
4年後の1968年に真打ちへ昇進しています。

米坊も歌丸も、どちらも米丸が考案した名前だそう。

また、笑点の放送当初から
レギュラーメンバーとして出演。

2006年には5代目の司会者を務め、
2016年には春風亭昇太さんへ司会者を
譲るまでは10年司会を続けました。

体調を崩されながらも
落語への情熱は燃やし続けており
今年も4月に国立演芸場では隔日でトリを務めており
酸素チューブをつけながら、長講の
「小間物屋政談」を熱演していました。

スポンサーリンク

桂歌丸の病気は?慢性閉塞性肺疾患とは?

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiqhceH7oDcAhXJS7wKHcDSAwoQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fmatome.naver.jp%2Fodai%2F2146961559166465901%2F2146962491872538903&psig=AOvVaw1OKrOi-s3IenSQSX-Tq457&ust=1530636126288776

引用:Naverまとめ

歌丸自身が「多病息災」と表現し、
笑点のメンバーも「病気のデパート」と揶揄しています。

歌丸さんはこれまで数多くの病気と闘っておられていましたが
今回亡くなった原因は「慢性閉塞性肺疾患」だそうです。

また桂歌丸さんはタバコが好きなようで
50年近く、缶ピースを1日40本吸われています。

365日毎日吸っていたのであれば
50年で吸ってきたタバコの量は

73万本

という計算になります。

逆に81歳まで生きられたのが凄い気がしますが…。

タバコの煙が原因で気管支に炎症が起きて
気管支が細くなることで
呼吸能力が低下してしまうわけです。

そのため、肺の組織が壊れており
空気を押しだせなくなるそうです。
これまでの手術は8回、月に4回は病院という
通院頻度だったそうですが、
タバコは辞められなかったのでしょうね…。

スポンサーリンク

桂歌丸の入院先は横浜市大病院か?

引用:WikiPedia

桂歌丸さんが息を引き取ったのは
横浜市内の病院と報道されていました。

また、歌丸さんの自宅は
横浜市中区真金町にありますから
自宅から近い病院も考えてみると

横浜市立大学付属病院

という憶測ができます。
以前の病気を患っていたときも
ここに入院していたようですね。

入退院を繰り返しても舞台に立ち続けた歌丸

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiThO_-7IDcAhVM6bwKHTDgC5UQjB16BAgBEAQ&url=http%3A%2F%2Fakogare.me%2Fkandou%2F12470&psig=AOvVaw1p3Lxvx8ttKj6NuDDK0exB&ust=1530635797798701

引用:Akogare

入院中も歌丸節は変わらず、
欠かさす笑点を見ていたようです。

「入退院を繰り返して、“肺炎”な騒ぎになっておりました」
「入院中も欠かさず『笑点』は見ていました。必ず私の悪口が出る。油断できない」
「声が出なけりゃミイラと同じですから」

6月14日に退院されてからも
呼吸器をつけて高座や「もう笑点」の舞台に立ち続けています。

落語が本当に好きで、落語の素晴らしさや
日本の伝統芸能を後世に残したいという思いで
それこそ旅立つまでずっと続けられてきました。

落語に対しても強いポリシーを持たれていて

落語家も、漫才師も、
あるいは歌舞伎、お能、狂言の方も、
皆さん日本語を駆使して芸を披露しています。
言葉ってのは“その国の文化”なんです。

私たちは落語を通して
お客様に笑っていただくわけです。

と述べています。
長年、「日本語で笑わせる」ということを
見せてきた桂さんですから重みがあります。

また、死ぬまで落語をやるとおっしゃっており
それを体現されていました。

スポンサーリンク

まとめ

桂歌丸さんがご逝去されたということで
悲しむファンは多く、僕もその一人でした。

舞台は違えど、桂歌丸さんの姿勢は見習うところが多いですね。
桂歌丸さんのご冥福をお祈り申し上げます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る