https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiEwciKqZLcAhUCULwKHWBnB74QjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fotototo-ooo%2Fentry-11968221560.html&psig=AOvVaw3wBoXFcvC5OtbmoRoJschY&ust=1531235958317117

日本人初のメジャーリーガーをご存じでしょうか。
かつての野茂英雄がメジャーリーガーのパイオニアとして
海を渡ったことは有名ですが、
実はその前に海を渡った日本人が居たのです。

1964年にサンフランシスコ・ジャイアンツで
活躍した村上雅則?と思い浮かぶ方も
いらっしゃるかもしれませんね。

大正3年にアメリカでは「ジャップ・ミカド」と
呼ばれた選手が居たのです。

スポンサーリンク

このジャップ・ミカドという人物は日本人なのでしょうか?
次項でジャップミカドの正体について触れていきます。

ジャップ・ミカドの正体は?日本人?

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwigieLRqJLcAhUb7rwKHY0YDDYQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.waseda.jp%2Finst%2Fweekly%2Ffeature%2F2015%2F10%2F12%2F427%2F&psig=AOvVaw3wBoXFcvC5OtbmoRoJschY&ust=1531235958317117

引用:早稲田大学

愛称 ジャップ・ミカド
本名 三神吾朗(みかみごろう)
生年月日 1889年11月6日
没年月日 1958年6月24日(68歳)
所属チーム オールネイションズ(All Nations)
ポジション 外野手、遊撃手、投手、一塁手
学歴 早稲田大学、ノックスカレッジ

三神吾朗は早稲田大学の野球部に所属していたようで
早稲田大学の文献には記録が残っているようです。

野球部部員でも足が速く、どのポジションもこなすことから
投手をはじめ、内外野を守るオールラウンドな選手だったそう。

三神吾朗はジャップ・ミカドなのでしょうか?
その前に、少しだけ日本に野球が
伝わった瞬間を見ていきましょう。

野球が日本に伝わったのは江戸時代が終わってすぐ?

日本に野球が渡ってきたのは
今から100年以上も前の1873年(明治6年)です。

江戸時代の滅亡が1867年ですから、
その6年後には野球というものが日本に伝わります。

東大の前身である開成校、当時の名称は
「第一大学区第一番中学」でしたが、
そこで数学や英語を教えていたアメリカ人の
ホーレス・ウィルソンという教師が、
日本人生徒にベースボールの
手ほどきをしたのが最初だと言われています。

この説に基づいた功績で、ホーレス・ウィルソンは
平成15(2003)年には新世紀特別表彰で
野球殿堂入りとなっています。

スポンサーリンク

何故アメリカへ渡ったのか?

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjJo9Tdp5LcAhWIy7wKHSj5DFoQjhx6BAgBEAM&url=http%3A%2F%2Fnazo108.sblo.jp%2Farticle%2F114556214.html&psig=AOvVaw0fSIUh4-cF27z08QHDp6iC&ust=1531231635995172

引用:世界の謎と不思議

三上吾朗氏は、日本の早稲田大学に入学し、
イリノイ州のノックス・カレッジへ留学をしています。

早稲田大学でも野球部をやっていたので、
留学後もノックス・カレッジの野球部に所属しました。

「この日本人選手こそは、わが大学チームの命であって、
彼が走塁を始めたら、もう誰もアウトにすることができない」

と当地の人に言わしめるほどの足の速さ、
そしてフィールディングの良さから
ノックスカレッジでも
野球部の中心選手となっており、

キャプテンを務めていました。

アメリカでの日本人の愛称は「ジャップ」ですから
そこで「ジャップ・ミカド」となったようですね。

そこでオールネイションズのオーナーの目に止まり
スカウトされることとなったわけです。

オールネイションズってどんなチーム?

オールネイションズは名前の通り
「All Nations」で、多国籍チームという意味です。

アメリカは当時、人種差別も強く
その風潮を打破すべく多国籍チームを作っていたわけですね。

そこに日本人である三神吾朗氏も所属した流れになります。

後にカンザスシティ・モナークスという名称になったようです。
メジャー伝説のサチェル・ペイジも所属した名門チームです。

スポンサーリンク

何故誰も知らなかったのか?

引用:waseda.jp

彼は本当は夏休みの間だけ、ということで
オールネイションズに所属することになります。

どのポジションでもこなせる
オールラウンドプレイヤーとして評価され、
1914年から2年間、同チームで
プレイを続けていたそうですが
三神吾朗本人が誰にもその事を話さなかったそうです。

家族にも話していなかったようで、
日本の記録に載ることは無かったわけですね。

なので1994年にアメリカの公式記録から発掘されるまで
80年間、誰にも知られることが無かったわけです。

スポンサーリンク

まとめ

日本人初のメジャーリーガーは野茂英雄でも
村上雅則でも無かったんですね。

現状では海を渡った野球選手は数多くいますが
まさか大正3年、それこそ
江戸が終わってすぐくらいのときに
野球選手になってる人が居るとは思いませんよね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る