【動画あり】エンゼルス大谷がメジャーでホームラン量産!【ヤバイ】

色々とメジャーへ行く前から、前例のほとんど無い
ピッチャーとバッターの「二刀流」スタイルが心配されていた大谷ですが
公式戦開幕から大活躍していますね。

ここでは大谷選手のホームラン動画をUPしたいと思います!

第1号 インディアンス戦 3ラン

メジャー初となる一発が出て、喜びながらベンチへ戻るも、「シーン」。
チームメイトは皆、大谷を「シカト」します。
「あれ?」と大谷も焦りつつ、皆に祝福を求めました。

ここで悪戯タイムは終わります。
メジャーでは初ホームランを打った選手を「あえてシカト」する儀式があるのです。
これを「サイレント・トリートメント」と言います。
その洗礼のサイレント・トリートメントの様子も写っていますねw

第2号 インディアンズ戦 2ラン

第2号は昨年度サイ・ヤング賞のクルーバー投手から、値千金の同点弾を打ちました。

クルーバー投手の失投だったようですが、それを見逃さない選球眼、流石です。

あのダルビッシュも流石に驚きを隠せないようで、
「俺なんかクルーバーの球一生当たらんのやろなぁ。。」とつぶやいています。

第3号 アスレチックス戦 ソロ

この試合で「3試合連続」でホームランを打っています。

この137メートル声の特大弾となるホームランは
3試合連続本塁打を記録しました。
投手としての記録は1930年のベーブ・ルース以来です。

松井秀樹ですら、3試合連続は2年目に達成していますから
1年目での達成は日本人史上初、メジャーリーガーでも4人目となる快挙です。

第4号 ヤンキース戦 ソロ

3号を打ったことで流石に警戒されてくる頃ですが
打順も5番・DHに昇格。

ヤンキースのルイス・セベリーノ投手からホームランを打っています。
156km/hのストレートをライトスタンドまで運ぶのは流石すぎますね…。

第5号 ツインズ ソロ

4月にはアメリカン・リーグの月間最優秀新人に選ばれた大谷ですが
5月も勢いが止まらず、今季5本目となるホームラン。

そろそろ、大谷翔平選手がホームランを打っても
驚かなくなる人も出ているようで
このSHO TIMEがいつまで続くのか注目されますね!

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る