地震の前兆?自然現象で地震は予測できるのか?

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiBnPKBvP7bAhUIO7wKHSubBssQjB16BAgBEAQ&url=http%3A%2F%2Fdisastress.com%2Fmaruiniji-jishin%2F&psig=AOvVaw0SycF0pTGkr-DP5TCKS3gw&ust=1530553886897469

最近は地震が相次いで起きていることもあり、
南海トラフ大地震が起きるのでは?と世間は敏感になっています。

常に追いかけられる命題ですが
「地震は予測できるのか?」ということで
調べてみました。

僕自身も阪神大震災を経験しておりますので
地震予知ができるというならばかなり魅力的な話ですよね。

地震が起きる前に予知することで
安全対策ができるかもしれません。

スポンサーリンク

では、どのように地震を予知するのかというと
「虹の観測から地震を予知する」というものです。

どんな虹が地震の予兆となるのか?

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjZ3cuXvP7bAhUrC6YKHYHdDXkQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fmatome.naver.jp%2Fodai%2F2149310598438231301&psig=AOvVaw0SycF0pTGkr-DP5TCKS3gw&ust=1530553886897469

引用:Naverまとめ

「異常な虹が出たら地震の前触れ」というものですが
じゃあ、どんな虹が正常なのかということですよね。

正常な虹って?

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwi3vZ3DvP7bAhUCKJQKHfsMB5EQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fmatome.naver.jp%2Fodai%2F2135156482729311101%2F2135156512129359503&psig=AOvVaw03wYsNvvgzoZwXFFHvpbl3&ust=1530554062591785

引用:Naverまとめ

虹のメカニズムは雲や空気中の水分が
プリズムの役割を果たして太陽の光を
7色に見せるという現象。

雲や日差しの角度、水分量が一定の条件を満たした時に
7色に輝くわけです。
特に雨上がりの太陽が出ているときに現れていますね。

青空に虹が映し出される光景が
一般的には思い浮かぶのではないでしょうか?

では異常な虹というのはどんな虹なのでしょうか?

地震の前触れ!?異常な虹とは?

どの虹が正常でどれが異常な虹なのかわかるのでしょうか?
先ほどの青空に映し出される半円上のものが正常な虹ならば…

ここで地震の前に観測された虹をここで見ていきましょう。

2008.5.12 四川大地震の30分前に観測された虹

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2452.html

引用:災害情報

2016.4.14 熊本地震の前に観測された虹

https://www.youtube.com/watch?v=ToUzJJmVBIQ

引用:YouTube

どちらも青空ではなく、
雲に虹の一部があるような感じですよね。

これらが現れると地震のサインということでしょうか?

スポンサーリンク

白い虹は地震の前兆!?

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjW6YjKtP7bAhXIaN4KHdQlBWIQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fmatome.naver.jp%2Fodai%2F2140758928130255101%2F2140759150633194503&psig=AOvVaw3eCjEksJzDn-9fe1td8CE6&ust=1530531169794980

引用:Naverまとめ

虹には、虹の切れ端だけでなく、
白い虹が観測されることがあるようです。
白い虹と地震の関連性はあるのでしょうか?

白い虹の観測と地震

5月29日:北海道 七飯町で観測された虹
2日後の31日に千鳥列島北西沖(シムシル島東北沖)でM6.1の地震

6月4日に十勝沖でM4.1の地震
6月17日に神奈川で白虹が観測され
3日後の6月20日には千葉県北西部でM4.6

と、白い虹の観測後にも地震が起きているようです。

都市伝説・「椋平虹」の謎に迫る!

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiXrPiNtf7bAhWIfLwKHYFEB6QQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fblogs.yahoo.co.jp%2Fkurukurunail%2F45235509.html&psig=AOvVaw3lpwjeNlVywuNAyOvPzwqa&ust=1530552066511333

引用:Yahoo!ブログ

地震を予知した?大正の地震研究家・椋平広吉とは?

大正・昭和時代の地震研究家で
椋平広吉(むくひらひろきち)という人がいたそうです。

小学校4年時に濃尾地震の記事を見て
「地震予知はできないのだろうか?」と感心をもち
大正8年に宮津地方で「火の粉」と呼ばれる虹を
観測し、名古屋地方にその後地震が起きたそうです。

以後も同じような現象が観測されているので
大地震の予兆はわかると確信し、
その後の地震を予知した人だったそう…本当でしょうか?

スポンサーリンク

椋平広吉氏が予知した地震?的中率は脅威の86%!

椋平広吉氏が予知した地震はどれくらいあったのでしょうか。
現存する文献ではこれだけの予知結果があったようです。

大正12年:関東大地震?
昭和5年:北伊豆地震
昭和21年:南紀地震
昭和23年:福井地震
昭和49年:銚子沖地震

椋平広吉氏が初めて地震予知をしたのは
1930年に起きた北伊豆地震だそう。

 

北伊豆地震とは
1930年(昭和5年)11月26日早朝に発生した、直下型の地震。
震源地は静岡県伊豆半島北部・函南町丹那盆地付近。
地震の規模を示すマグニチュードは7.3(Mw 6.9)。
北伊豆地震地震断層系の丹那断層などの活動により生じた。

震源に近い静岡県三島市で震度6の烈震を観測したほか、
有感地域は広く、北は福島・新潟、西は大分まで揺れを感じた。
地震発生が早朝だったため、火災は少なかったが、
死者・行方不明者272名など大きな被害を出した。

京都帝國大学の理学部部長、石野博士の元に

『アス アサ イヅ 四ジ ジシンアル ムクヒラ』

といった電報が届いたそうです。

急にこういうものが届いた所で何かのイタズラと思いそうですが
翌日、電報通りに地震が発生します。

これを皮切りに、地震予知の実績として
世界中に噂が広まります。

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwisko6Svf7bAhUGQN4KHSUDBE8QjB16BAgBEAQ&url=http%3A%2F%2Fmeigen-ijin.com%2Feinstein%2F&psig=AOvVaw3MmmrE31M7XYbLGmRLafTb&ust=1530554277160017

引用:名言+Quotes

かのアインシュタインやトーマス・エジソンも
椋平広吉氏を絶賛したようです。

そりゃあ地震が予知できるのだというのなら
当時の科学者も腰を抜かす話ですし、ビックリしますよね。

スポンサーリンク

正体はハガキの消印を利用した予知トリックだった?

東大地震研究所彙報に「椋平虹について」と
英文で発表したようです。

しかし、その後科学的検証の結果として
「椋平虹はデタラメだ」と烙印を押され、
急激に否定されています。

椋平広吉氏は必ず「ハガキ」で地震の予知をしたようで
「これは椋平広吉が仕組んだ予知のトリックだ」という
話になったのです。

あらかじめ用意した消印済みのはがきに
地震の発生時刻と場所を書き、
震災地近くの研究機関の郵便受けに入れるという
「消印の入ったハガキを使ったトリック」とされ
世間から巧妙な詐欺だとバッシングを受けています。

本当に詐欺だったのか?疑問の残る椋平虹

しかし椋平広吉氏はその後も虹の研究を続けながら
余生を過ごしていました。

トリックなら何故地震の研究をしたのでしょうか?
また、一番最初の伊豆地震も電報で予測していますが
これはトリックの挟む余地はありません。

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwj96_DPtf7bAhUBnJQKHfegCqIQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fokakuro.org%2Fmukuhiras-arc%2F&psig=AOvVaw1EVgbaF-f6VVO3NP-n7rNO&ust=1530552189653976

引用:オカルト・クロニクル

仮説としては椋平広吉氏は地震をずっと予知していたが
予知されると困る誰かの陰謀によって
椋平広吉氏を詐欺師に仕立て上げられた可能性はあります。

晩年の椋平広吉氏の研究データを調べようとすると
何者かによってデータがごっそり持ち去られていることも
判明しています。

何かが臭うと思いませんか?

椋平広吉氏の主張する「椋平虹」とは何だったのか?

椋平広吉氏の唱える
「地震の予兆の虹」というのは
「虹のきれはし」だそう。

先ほどの「異常な虹」に該当しそうですよね。
故に、この手の虹を「椋平虹」と呼ぶ人も多いようです。

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjWhNjttf7bAhWxCqYKHcLOB1sQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fsoyokazesokuhou.com%2Fmukuhiraniji%2F&psig=AOvVaw1EVgbaF-f6VVO3NP-n7rNO&ust=1530552189653976

引用:そよかぜ速報

空を観測し、虹のきれはしを見つけると、
一般的に使われている分度器で角度を測ります。

この虹のきれはしのデータから、地震予知を行うそうです。
何しろ一般的な分度器を空にあてて観測しているので

虹の角度で震源地の方向がわかるというが、
手に持ち、それを写し取っているようでは
少しのズレで数百㎞の誤差が生じるのではないか。

という点も指摘されているようです。

スポンサーリンク

まとめ

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjmuNW7u_7bAhVHyLwKHYRjA0YQjB16BAgBEAQ&url=http%3A%2F%2Fsaigaijyouhou.com%2Fblog-entry-11923.html&psig=AOvVaw26OBVkvKOG8toAk_h1s7XG&ust=1530553821779937

引用:地震速報ドットコム

虹から地震が予知できるということで
まとめましたが、どうだったでしょうか?

真偽はともかくとして地震が予知できる可能性があるならば
テレビやネットで広げられる科学的根拠は置いといて
自分の目で確認できる、「異常な虹」を見たときは
地震の前触れかもしれません。

椋平虹は詳細がとうとうわかりませんでしたが
「断片的な虹」や「白い虹」などはわかりやすいですから
観測してみてもよいかもしれません。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る